Japanese rose Project

Japanese rose Projectとは

森と海岸と人々をつなくプロジェクトです。

地域「植物」資源の活用と共有、「交流人口」の拡大を目指し、関わる全ての人の心と身体が元気に、
その環境(土地・人)が豊かになることが大きな目的です。

商品「ジャパニーズローズ・ウォーター」はとても小さなスタートです。ですが単なる一商品ではなく

・「ハマナス」の香りを「カタチ」と「体験」にして楽しむ。
・参加可能な人数、可能な収穫数、可能な製造数、そして共感してくれる人に届ける努力をします。

 

青森県のかた、東北・北海道のかた、もちろん他の地域のかた、
一緒にまずは楽しみながら、活動に参加しませんか?
随時、テスト販売やご支援・ご協力していただける企業パートナーも募集中です。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

 

【明日17日(金)23:59で終了】先行予約受付:ジャパニーズローズ・ウォーター

すでにご予約いただいた皆様、
誠にありがとうございます!
出荷は少々先ですが、どうか楽しみに待っててください!

 

限定の方へアクセス方法をお知らせいている
先行予約のシークレットサイトは
明日8月17日(金)23:50で終了となりますので
ご招待メールを受けとってる方は、どうかお早めに。

 

さて、ここで。
今年の各収穫日別のジャパニーズローズ・ウォーターサンプルを
お送りした花摘み体験会ご参加のかたの
「香りの感想」をご紹介いたします。

ほんの微かな違いだと思うのですが、
割と皆さん同意見かも。
すごいなぁと、改めてみなさんの「鼻」に感心してしまいました。

 

今年の花摘みのサンプル、化粧水として愛用しています!香りが昨年よりフローラルですね。野生の花の方が香りが華やかなんでしょうかね、興味が尽きないですね。完成品も楽しみにしています!
<第二弾にご参加:東京都・Aさん>

 

今年のハマナスは、とっても爽やかでフレッシュな感じです!青っぽいちょっと若い感じのグリーンな香りがきて昨年のよりは、ローズの香りは弱めな感じがします。暑かったですし花びらの色や質、水分などでもやはり違うのでしょうね。おもしろいです!落ち着くとまた香り代わる感じがしますね。
<第一弾ご参加:青森県弘前市・トータルビューティーサロン「ぽぅむ」福士さん>

 

昨年ご購入のものと)全部スプレーしたら、やっぱりみんなほんのり違って全部いい❤︎
やっぱり癒やされますね
<第二弾ご参加:青森県むつ市・癒しの空間 mawni -マウニ-さん>

 

 

ハマナスの花そのものの、フレッシュで優しい香りです♬
人工的な香りが溢れている今、100%天然の香りって嬉しい。
<第一弾ご参加:青森県青森市・渡辺由紀さん>

「暑い夏に、ハマナスウォーター最高です!」と
嬉しい声もありました。
出荷が9月になるので、その間も少しずつ
変化すると思われます。

天然の香りだからこその楽しみですね。
私もこまめに確認しています。

 

ご招待メールを受け取っている方は
記載のパスワードで限定サイトをご覧になれます。
「来てないよ?」という方はメッセージをお願いします!

https://plantsplanet.theshop.jp

特別価格でのご提供は明日まで。
その後は一般公開・定価での販売です。

「ひとり朝摘み」香りの違い、やっぱりあります。

秋ですか?
な、涼しさの青森。

青森に住んでるかたは。
ねぶたも終わって、いろんな「はふぅ〜」がある頃ですね。
関東から南や西の天気を見てると

いいような、悪いような?
同じ日本とは思えませんねー。

 

さて、先行予約を開始して、告知のために
いろんな画像を見ながら、振り返っていたら。

おっと!書き記しておきたいこと、もう一つあった。
花摘み体験番外編です。

 

ずっと考えていて出来てなかったこと。

それは、早朝の朝摘み。
今回ひとりでやっと実施。

早朝の大畑海岸。

 

ローズ・ウォーターの流通量おそらく一番の
ダマスクローズ。
何を見ても早朝のまだ花が開ききっていない状態で
摘んでいる情報がほとんど。

香りがどれだけ違うのか?

ずっと一泊して摘みたいなぁ、と思っていたのを
このたび頑張りました。

花摘み体験会第二弾の翌朝、決行しましたよ。
日の出の4時はさすがに無理だったけど、
6:30ころ、ひとり静かな海岸へ。

1時間ほど、のんびり摘んで約250g。

確かに開いていないのが多かったけど
花びら自体の香りは前日みなさんと摘んだのと
さほど変わりない感じ。

うーむ。
時間は関係なく、太陽なのか・・・?
なんて思っていたら。

 

蒸留を開始して、
今年は助っ人登場したのですが
その「しげちゃん」が
私より先に、この日の蒸留水を嗅ぐことに。

「なんか華やかな感じ。一番いいかも」

というLINEメッセージが。

おっ?!
後日、嗅いでみたら
微妙に、かすかに、ふわっと
違いましたよ。

他のもいいんですが、
確かにフローラルな感じがちょっと
他よりある感じ。

最終的に商品となる
ジャパニーズローズ・ウォーター
全体の1割にも満たないですが
こちらもブレンドしての、お届けです。

先行予約のシークレットサイトは
8月17日まで。
届いてるメールをチェックして、
ぜひ確かめてみてくださいね。

18日以降に一般公開です。

 

 

特別先行予約開始!8月17日までなんだな。

貴方にはお知らせ届きましたか?

これまで、花摘み体験会にご参加のかた、
過去にジャパニーズローズ・ウォーターを
ご購入されたかた、

2016年のクラウドファンディングのご支援者、
いずれかに当てはまるかたへ
メール配信しております。

他の皆様へは8月18日以降に公開されます。
お待ちくださいね。

 

メールに記載のパスワードで
限定サイトをご覧になれます。

https://plantsplanet.theshop.jp

限定の特別価格にてご提供です。
全体的に価格の見直しをして
定価は昨年より上がりました。

先行のかたへは、昨年とそう変わりなく
お届けできます。

お見逃しなく!

 

 

 

 

花摘み体験の振り返り<番外編>

「ハマナス花摘み体験会」から2ヶ月がたって、
ようやく先行予約開始。

 

そこで、思い出したのが
時間が経っても、記しておきたいこと2つ。

 

第一弾のハマナス花摘み体験会では、
初のテレビ取材がありました。

プレスリリースに関しては、2016年クラウドファンディングから
事あるごとにギリギリでも諦めず、やってきたわけなのですが

なかなかうまくいかず・・で、今回はスケジュールの都合もあり
諦めていたんですよ。
(新聞掲載は、記者の方に直接送ったもの)

でも、シモヤン★リーダーが下北県民局へリリースの投げ込みを
してくれて、まさかのカメラ登場となりました。

嬉しい事この上なし!少しでも知ってもらいたいもんね。
ありがとうございましたー。

 

そしてこの日の夜からは、北海道石狩市からのお客様、尾形優子さんが青森に!
尾形さんは、自然養蜂のハチミツとハーブをつくられてるかたで、
「石狩浜はまなすフェスティバル実行委員会」でも活動されています。

なんと嬉しいこのご縁は、やはりクラウドファンディングのリターン冊子で
お世話になった札幌市のライター、伊藤さんのご友人。
最初はお二人での予定だったのだけれど都合つかず、お一人でいらっしゃいました。

石狩産ハマナスの芳香蒸留水を作る計画で、ありがたいことに
いろいろ話を聞きたいと・・・・・
で、夜はハマナス談義(笑)。

翌日には帰られるという束の間の交流でございました。
楽しかった。

 

さぁ、ハマナス・サミットか??
夢でないかもなぁー。

 

 

 

 

 

 

ハマナス花摘み体験会2018<ご報告2>

「今年もやりますか?」
今年の2月、青森中真っ白の季節、私の頭のなかも真っ白の時に
メッセージをくれたのは、下北若手有志(略してシモヤン)の女性。

 

おかげさまで、今年も2回の開催となりました。
行程については、やはり地元シモヤンたちに
いろいろ教えて頂き、どれも捨てきれなくて全部入れちゃえ!に(笑)。
(第一弾の安渡館・さきもり館も教えていただきました)

 

そして今回は地元の方はもちろん、東京からの参加者3名、男性3名と
増えたことと、自分自身念願の薬研の森へリベンジが叶って
花摘みからヒバまみれと、充実の1日でした。

午後は、寄り道スポットや締めくくりのオプション大安寺さん。
少々雨も降りましたが、花摘みは朝から決行となり
森と海岸と人々をつなぐプロジェクトととして
ちょっと前進できたかな。

●第2弾「ハマナス花摘み体験会2018」+森と海岸をつなぐ「シモヤンと大畑・薬研めぐり」
山谷亭in薬研温泉カフェKadar ランチ付き

共催:下北若手有志
参加人数:17名(午前午後合計)
実施日時:6月9日(土)9:40~15:00  15:00〜オプション
花摘み場所:青森県むつ市 大畑海岸 ※青森県下北県民局に実施可否確認済 


  • 9:40頃〜 大畑海岸にて花摘み
  • 11:00〜    大畑木材工芸センターへ移動<ヒバまみれタイム>
  • 12:00〜      薬研温泉カフェKadar
         山谷亭スペシャルランチ「初夏の下北グリーンランチ」&交流会
  • 13:30〜 薬研の森散策
  • 14:30〜15:00 解散及びオプション第二部:Kadar集合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15:30〜 オプション:あべファームでプチいちご狩りへ
6:00〜16:40 オプション:曹洞宗 圓祥山大安寺 匂い袋づくりワークショップ

ご参加の皆様への蒸留水サンプルは
7月中のお届けです!
しばしお待ちください!

ハマナス花摘み体験会2018<ご報告1>

今年で3回目となったジャパニーズローズ・プロジェクトの一環である
「ハマナス花摘み体験会2018」

あっという間に1ヶ月が過ぎようとしてます。
無事終了のお知らせを
忙しさにかまけてアップしてませんでした。(T ^ T)

ご参加の皆様、ご協力の皆様、ご予定が合わずギリギリまで
悩んでくれた皆々様、ありがとうございました。

 

まずは第一弾のご報告。毎度気になるお天気も初めての晴天!
じわじわ地元のご参加が増え、GEMBUさんの
樹木への取り組みも少し宣伝できたかな。

午後からは、お昼の安渡館、お隣のさきもり館、
このエリア、すごい良い!
見晴らしも素晴らしく建物の間には
青森ヒバがあるというベストなロケーションでした。

北の防人 大湊
https://www.facebook.com/北の防人大湊-1565761113722355/

 

●第1弾「ハマナス花摘み体験会2018」+ジャパニーズローズ・ウォーターを
使ったスキンケアクラフト

共催:あおもりアロマ研究会
参加人数:9名(午前午後合計)
実施日時:6月7日(木)9:30~15:30ごろ
花摘み場所:青森県むつ市 NPO法人「GEMBU」の苗畑 

◆第1部◆「ハマナスのお花摘み♡」

9:30 集合
9:45 NPO法人「GEMBU」が管理するはまなす栽培地に到着 →→ 説明の後、摘み取り開始!
11:30 終了  〜移動〜

◆第2部◆「ランチ交流会&ジャパニーズローズ・ウォーターのクラフト講座」

12:00 安渡館にてランチ交流会
13:30 クラフト講座開始
ジャパニーズローズ・ウォーターを用いた化粧水やクレイパックの作成と体験

皆様が摘んだ花びらで今年も蒸留水を。
ただいま絶賛蒸留中!でございます!

7月中には、ご参加の皆様へサンプルを送付しますので
待っててくださいね。

眠れてますか?

あっという間に新年度。
新しい職場、ポジション、学生のかたもいるのかな。

今週は慣れない環境で眠れない・・・
とか
疲れすぎて爆睡、なんてかたもいいんじゃないでしょうか。

 

私は眠れていますよ。大体は。
しかも今はまたも風邪気味で。

でも昨年の1〜2ヶ月間くらい、あまり眠れなかった時期がありました。

2017年の6月から10月にかけて激しく出張をしていて、
最初は疲労と寝不足続きで、やること終えるとどこでも爆睡。

ジャパニーズローズ・ウォーター販売開始直後、
いろんなことが気になりつつも、別の仕事で
出張先のホテルになんて時は、自分で盛り上げるため、
手持ちのウォーターをシュッシュとしておりました。

ちょっとだけ落ち着いてきた頃、
長めに連泊になったとき、少しゆっくり出来るかなぁと
思っていたら、、、、

眠れない。
翌日、寝不足だし早めに就寝・・・
眠れない。

自宅に戻ってもあまり眠れず、しばらくビールやワインに頼ってたけど(いつもか)
こんな忙しいとき体調悪くなったら困るなーと
思い出したのは、青森県産業技術センターの実証実験でした。

私ってば、そういうの作ってるのに!笑

はい、これ。

タニタの精度はわかりませんが。

アロマに詳しいかたは、よくご存知ですね。
ローズ系のリラックス効果。

アルコールに頼ると、一度眠っても途中で覚醒したり。
贅沢にも自分用ジャパニーズローズ・ウォーターを使ってみました。

これだけでの効果ではないと思うけど(ゆったり入浴とか色々)、
やっぱり私にとっては「盛り上げるため」っていうより
心落ち着く香りのようで、しばらく使ってるうちに改善しました。

通常、水に精油を垂らして使うディフューザーにそのまま投入。
香りの強弱バランスも考えなくてOKだし、かすかに香る程度なので
ちょうど良い。
(使われるかたは、個人差があるのでご注意を)

 

が、やはり贅沢な使用方法。
今はたまに寝る前に、首あたりにシュッシュしてます。

 

昨年暮れに、ウォーターの花びら原産地・下北のかたが
やはり風邪で贅沢使用されてた投稿を見たとき
きっとさらにリラックス効果があるんだろうなぁと感じました。

写真をシェアさせていただきます。

 

そんなジャパニーズローズの香り
2017年製造分は、もうじき販売終了です。
お疲れ気味のかたは是非どうぞ。

 

メディア掲載<新聞:東奥日報社(青森県青森市)2018/03/29(木)>

3月29日付、東奥日報(青森市の新聞)に掲載されました。

The Wonder 500認定について紹介。
「境代表」とデカデカ、少々お恥ずかしい。

青森発信!の商品と取り組みで「ふるさと名物」なのに、
まるでスルーされたら、さすがにちょっと落ち込むなぁと
思いながら、何もしなければ何もない、と自分に言い聞かせ、

 

懲りずにプレスリリースを配信し、タイミングよく
青森県庁にも行けたので、記者クラブへ投げ込み(これ正式名称なのか)に。

 

結果、記事を書いていただいたのは
前回の初掲載の記事も書いてくださった秋元さん。

こちらです→http://plantsplanet.jp/?m=201709

 

今回はメールで「感想を」とのことだったので
熱い(暑苦しい?笑)返信の一部まで入れて頂きました。

追ってくれてるような感じがして
(工業総合研究所の技術発表時も秋元さんだったようです)
本当に嬉しい。

ありがとうございました!

 

2017年製造分は4月で販売終了予定です。

The Wonder 500 (TM)の認定商品に!-ジャパニーズローズ・ウォーター-

「The Wonder 500」というプロジェクトをご存知でしょうか?

はい、簡単にご紹介です。(ページより抜粋)

クールジャパン政策のもと“世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品”を発掘し海 外に広く伝えていくプロジェクトです。2015年度に経済産業省の「ふるさと名物・連携促進事業」として開 始し、2016年度よりThe Wonder 500運営事務局の自立的運営に て継続。

 

そして、選定基準は?

作り手の思い やこだわりが込められているもの」「日本固有のものづくり、サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた革新性のあるもの」を評価しています。

 

なんとこの度、こちらの取り組みに認定されました!

この取り組み、実は私も知りませんでした。
昨年末ごろお世話になりまくりの工業総合研究所の方に教えていただき、
調べていたのですが、色々思うことあり応募は保留にしていたのです。

 

しかーし、営業もPR活動もあまり出来ていない今の状況。
つべこべ言わず、何か可能性が少しでもあるならと登録に。

その気になったのは、締め切り日当日の深夜。
23:55に登録完了。数日後、一次審査通過のメール通知がきても
半信半疑(自信ないのか??笑)。

心を無にして進んでみました。第二次審査へ。
バタバタと若干忘れかけてた頃に、認定のお知らせが。

そして、ようやく掲載になっております。
りんご商品や津軽塗、津軽びいどろの隣・・恐縮です。

▼日本語サイト
https://thewonder500.com/products/?item_local=青森県

▼英語サイト
https://thewonder500.com/product/japanese-rose-water-hamanasu-aromatic-distilled-japanese-rose-water-from-aomori/?lang=en

 

さて、これからどうなるか。
どうにかならないかもだけど、ちょっとワクワク。

2017年製造分は、4月中で販売終了予定です。
記念にどうぞ。

https://plantsplanet.theshop.jp/items/7747727

 

 

 

 

 

 

 

青森県産業技術センター工業部門 研究成果発表会にてプレゼン

2018年3月9日(金)。
行ってきましたよ。12分喋ってきましたよ。弘前地域研究所。

 

タイトルも場所も、周りの皆様も
他の展示もなんだか私、ここにいていいんでしょうか状態。

いつもお世話になっている青森市の
工業総合研究所、ハマナス芳香蒸留水の技術指導を
してくださった山口様から、1月に突如連絡があり
今回の貴重な機会をいただきました。

他の発表者の皆様は研究者のかたばかりなので
「私が??」

でしたが、何やら奈良岡所長のご指名だったようで
「好きに話してよし」とのことでしたので(笑)
一人くらい変な人がいても良いかと勝手な解釈で参加させていただきました。

「研究」のオハナシは皆様にお任せし
プロジェクト全体についてプレゼンを。
どんな内容?って知りたい方はこちら。

https://drive.google.com/file/d/1NmcwqC9GprCFBpcYn1bXf2kw1BirqMwf/view?usp=sharing

口頭用資料なので途中意味不明なところもございますが
雰囲気は伝わるかと。

終了後、ホッとしてロビーの展示をのぞくと
そこには!

いったい何年の版なのか。
ニッポンの植物界の父、牧野富太郎氏の書物が
こんなところに!

VIVA!Plants!

関係各位、聞いてくださった皆様ありがとうございました。