「ひとり朝摘み」香りの違い、やっぱりあります。

投稿日: カテゴリー: 2018年イベント, Japanese rose Project

秋ですか?
な、涼しさの青森。

青森に住んでるかたは。
ねぶたも終わって、いろんな「はふぅ〜」がある頃ですね。
関東から南や西の天気を見てると

いいような、悪いような?
同じ日本とは思えませんねー。

 

さて、先行予約を開始して、告知のために
いろんな画像を見ながら、振り返っていたら。

おっと!書き記しておきたいこと、もう一つあった。
花摘み体験番外編です。

 

ずっと考えていて出来てなかったこと。

それは、早朝の朝摘み。
今回ひとりでやっと実施。

早朝の大畑海岸。

 

ローズ・ウォーターの流通量おそらく一番の
ダマスクローズ。
何を見ても早朝のまだ花が開ききっていない状態で
摘んでいる情報がほとんど。

香りがどれだけ違うのか?

ずっと一泊して摘みたいなぁ、と思っていたのを
このたび頑張りました。

花摘み体験会第二弾の翌朝、決行しましたよ。
日の出の4時はさすがに無理だったけど、
6:30ころ、ひとり静かな海岸へ。

1時間ほど、のんびり摘んで約250g。

確かに開いていないのが多かったけど
花びら自体の香りは前日みなさんと摘んだのと
さほど変わりない感じ。

うーむ。
時間は関係なく、太陽なのか・・・?
なんて思っていたら。

 

蒸留を開始して、
今年は助っ人登場したのですが
その「しげちゃん」が
私より先に、この日の蒸留水を嗅ぐことに。

「なんか華やかな感じ。一番いいかも」

というLINEメッセージが。

おっ?!
後日、嗅いでみたら
微妙に、かすかに、ふわっと
違いましたよ。

他のもいいんですが、
確かにフローラルな感じがちょっと
他よりある感じ。

最終的に商品となる
ジャパニーズローズ・ウォーター
全体の1割にも満たないですが
こちらもブレンドしての、お届けです。

先行予約のシークレットサイトは
8月17日まで。
届いてるメールをチェックして、
ぜひ確かめてみてくださいね。

18日以降に一般公開です。

 

 

コメントを残す